WEBサイトを利用した際、「Cookieを受け入れ」という表示を誰もが一度は目にした事があるのではないでしょうか。

Cookieの効果により、一度ページを離れた場合でもページ離脱前の状態から続けて続けて操作が可能だったり、ログインをしなくてもログイン情報が保存されているのでそのまま操作ができたりというメリットが存在します。

しかし、Cookieは個人情報を扱うためリスクも存在します。

そこで今回は、Cookieについてわかりやすく解説していきます。
Cookieを知りたい人、Cookieを使いたい方はぜひ参考にしてください。

Cookieとは

Cookieとは、ユーザーがWebサイトを使用した際に入力したデータや閲覧履歴などの情報が使用しているスマホやパソコンに記録されるシステムのことです。

ECサイトや通販などで、一度ページを離れていても買い物カゴに商品が入っていたりするのはCookieのおかげです。その他にも購入時に行う住所やメールアドレスの入力が省略される場合等でも同じ事がいえます。

このように、情報を一時的に保存するシステムのことを指します。

Cookieの目的

Cookieを用いる目的には、大きく2つの側面があります。

1つ目は、ユーザーの手間を省く事ができる点です。
間違えてページを離れてしまった場合でも、入力をし直す必要がなかったり、商品を探し直す必要がなくなります。

また、ユーザーのカゴ落ち対策にも用いることで顧客獲得につなげていく事ができます。
このように、結果としてCVRを向上させる事ができるため一石二鳥です。

2つ目は、運営側のマーケティング手法の1つである点です。
ユーザーの行動や傾向からこれからの流行を分析する事ができます。

事前にどのような情報を収集するのかプログラミングする事が可能であるため、自社のWebサイトの改善にて有効的に用いていくことをお勧めします。

Cookieの種類

Cookieはファーストパーティとサードパーティなど、複数の見方があります。

これは、ユーザーの情報を保存する点は同じですが、Cookieを発行している元が違います。情報の収集できる幅が異なるため、個人情報の取り扱いに不安を感じる方はしっかりと押さえておきたいポイントです。

ファーストパーティ

ファーストパーティクッキーとは、ユーザーが利用しているWEBサイトから直接的に発行されるCookieのことを指します。

このファーストパーティの特徴は、Cookieがユーザーが利用したサイトでしか効果的でない点です。
そのため、そのサイト以外に情報が漏洩する心配はありません。
また、運営側もユーザーの行動を正確に追う事ができるため有益な情報を獲得することが可能になります。
一方で、同じユーザーであった場合でもデバイスを変えてしまった場合やブラウザを変えてしまった場合に異なるユーザーとして認識されてしまうというデメリットもあります。

サードパーティ

サードパーティクッキーとは、第三者のドメインから発行されるCookieのことを指します。

このサードパーティの特徴は、ユーザーの情報を持続的に追跡する事ができるというところです。そのため、調べた商品が違うWEBページで広告として表示されるのはこのシステムの影響です。

しかし、個人情報の取り扱いやプライバシーの問題が大きいため、Googleが2020年1月にサードパーティCookieを段階的に廃止していく予定であることを発表しました。

Cookieのメリット・デメリット

Cookieは、ユーザー側も運営側も正しく理解し、用いていくことでお互いにメリットがたくさんあるシステムです。

しかし、個人情報を扱うため一歩間違えば個人情報漏洩のリスクも存在します。
そのため、メリットとデメリットを正しく理解した上でCookieを用いるかどうかを判断しましょう。

次は、ユーザー側と運営側の2つの側面からそれぞれメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

ユーザー側のメリットは、入力の手間が省けることです。

一度ログインをした事がある場合、面倒なログインをする手間がなくなることでストレスなく利用する事ができます。

CookieはパスワードやIDの保存機能もあるため、忘れた場合でも引き続き操作が可能です。
運営側のメリットとしては、精度の高い情報を収集する事ができる点です。ユーザーの行動や閲覧履歴からサイトの運営に役立てていく事が可能です。

また、ユーザーから得られる情報を受け、類似商品などの広告をユーザーに配信できる仕組みもあるため、CVRの向上につなげていくこともできます。

デメリット

一方でユーザー側のデメリットとしては個人情報漏洩の可能性がある点です。

知らぬ間に情報が抜き取られ、それらを他社に流出させていたという事例もあります。

また、どこまでの情報が抜き取られているのかが明確でないため、不安を感じる方はCookieを受け入れないようにしましょう。これに付随して運営側のデメリットも個人情報が流出するリスクを抱えている点です。悪意なくともユーザーの個人情報が流出してしまった場合、企業の社会的信頼を失いかねません。

そのため、Cookieを導入する際はリスク対策も含めて十分に検討しましょう。

まとめ

今回は、Cookieについて解説してきました。
ログインする手間がなくなったり、パスワードを忘れても使用できる点などメリットもある反面、個人情報を扱うものであるため危機感を持って用いる事が重要です。

また、運営側も個人情報を扱う意識をしっかりと持ち運営していく事が求められます。
Cookieは上手に活用していくことで利便性が向上したり、スムーズに操作できるようにな操作できるようになります。

Cookieを正しく理解し、有効的に用いていきましょう。