様々な企業が取り入れ始め、最近各所で見かけるPWAという文字。
実装するメリットが大きく、導入を考えている企業も多いのではないでしょうか?

一方で、マーケティング担当の方としては対応しているOSやユーザーが実際に利用できる機能面が気になるかと思います。

本記事ではiOSに焦点を当てたPWAについて解説していきます。
自社サイトへPWAの実装を考えている方はぜひ参考にしてください。

PWAとは?

まずは簡単にPWAについて確認しましょう。
PWAとはProgressive Web Appsの略で、WEBサイトをネイティブアプリのように表示させる仕組みのことを指します。ブラウザから分離し、別のウィンドウで立ち上げるため、わざわざブラウザで検索をする必要も、ブラウザのブックマークバーへ移動する必要もありません。

最近ではスマホにインストールをするネイティブアプリの代わりとして注目を浴びている仕組みです。

GoogleとMicrosoftは、どちらも「PWAはPCエコシステムの一部になる」という考えを推進しているため、必然的にGoogle ChromeやMicrosoft EdgeからPWAに着手している企業は多く存在します。

主な機能一覧

PWAの主な機能は下記になります。

  • ホーム画面への追加
  • プッシュ通知
  • ツールバーなしの全画面表示
  • オフラインでの動作
  • 位置情報(GPS)の利用

実際にPWAを実装したWEBサイトをスマホに表示させると、ネイティブアプリとの違いがわからないくらい機能が充実しています。
この点はユーザビリティを意識するマーケティング担当にとっては良いポイントでしょう。

また、PWAはブラウザとは切り離して表示させる仕組みのため、ブラウザ経由にてWEBサイトを表示させるよりもページ読み込みのスピードが速く、ユーザーの操作性が向上することも人気の理由の一つです。

iOS対応のPWA機能

機能が充実しており、注目を浴びているPWAですが、全てのOSに対応しているわけではありません。

先ほどGoogleとMicrosoftは、どちらもPWAへの取り組みに積極的と述べましたが、それら企業と同じくらい有名なAppleはどうでしょう?
iOSに対応しているPWAの機能を詳しく見ていきます。

iOS対応のPWA機能は下記になります。

  • ホーム画面への追加
  • ツールバーなしの全画面表示
  • オフライン表示
  • カメラやマイク、オーディオ出力
  • 音声認識や音声合成
  • 位置情報(GPS)の利用
  • Bluetoothの利用
  • 生体認証の利用
  • Apple Payでの支払い
  • Appleでのサインイン

※iOS15.4(2022年3月現在)

PWAの主な機能一覧で触れた「プッシュ通知」はiOSではまだ未対応です。
多くの企業がPWA機能の豊富なGoogle ChromeやMicrosoft Edgeから着手しているのも納得ができます。

プッシュ通知はプッシュ型の能動的なアプローチが可能なため、iOSの対応を待ちわびている人も多いのではないでしょうか?

そんな貴方に朗報です。
実は2022年の6月にAppleよりプッシュ通知がiOSに対応するという発表がありました。

iOSでプッシュ通知が解禁

2022年6月6日のAppleWWDC(世界開発者会議)にて、iOS16がWEBプッシュ通知に対応すると正式に発表されました。これにより、今後iPhoneユーザーはWEBプッシュ通知を受け取ることができます。

これは果たして日本にどのような影響をもたらすのでしょうか?

日本にもたらす影響

日本はiPhoneのシェア率が比較的高い国と言われています。
2020年6月の調査によると、日本におけるスマホのOS別シェアは、Androidが50.2%、iPhoneが49.7%、その他(Windows Mobileなど)が0.1%となっています。
(引用:SIM CANGE

iPhoneとAndroidユーザーの差はほぼありません。

そんなiPhoneのOSであるiOSにてプッシュ通知が解禁されるということは、つまり日本人の約半分のユーザーに通知することができるということです。

OSの都合上、通知をしたくてもできなかったユーザーに対して、能動的にアプローチを行うことができます。
プッシュ通知の認知度や活用の幅が広がるでしょう。

人気機能「プッシュ通知」

PWAのなかでも注目されている機能が「プッシュ通知」です。
PWAの機能では当たり前と言っても過言ではありません。

そもそもプッシュ通知にはアプリプッシュ通知とWEBプッシュ通知の2種類が存在します。

アプリプッシュ通知はその名の通り、ネイティブアプリから届く通知を指します。
一方で、WEBプッシュ通知はブラウザ上にあるサイトからアプリプッシュ通知と同じように通知をすることができます。

PWAの機能で取り上げられている「プッシュ通知」は後者に該当します。
PWAはブラウザとは切り離して表示させる仕組みと冒頭で説明しましたが、WEBプッシュ通知と同様にAPIを活用しているため、ブラウザと切り離した形でも通知が可能となります。

まだ「プッシュ通知」に対応していないPWAをiOSで実装するべき?

PWAにおいて大きな役割を果たしている「プッシュ通知」ですが、現状iOSに対応していないとなると、マーケティング担当の方はPWAを実装するべきか?対応後に実装するべきか?悩むかと思います。

WEBサイトへのPWAの実装は今すぐに取り組むべきと言えます。
なぜならプッシュ通知機能以外にもメリットが多数存在するからです。

SEOに取り組んだ事がある方なら分かると思いますが、検索エンジンではユーザビリティを常に重んじます。

例えば世界的に有名なGoogle Chromeを運営しているGoogleでは、独自のアルゴリズムや判断基準を確立し、それらに沿ってWEBサイトの検索結果の評価を下しています。
その判断基準もWEBサイト利用者=ユーザーを軸に作られていると言われています。

したがって、ユーザーにストレスを与えることなくWEBサイトを快適に利用してもらうことが現代のデジタルマーケティングでは重要になります。
現段階でiOSで活用できるPWAの機能でもユーザーの満足度向上を見込める可能性は高いでしょう。

PWAをiOSでも実装するべきか悩んでいる方は取り組むことをお勧めします。

まとめ

デバイスにインストールするネイティブアプリの代わりとして注目を浴びているPWAは便利な機能が様々あります。
一方でOSによって使える機能と使えない機能があり、iOSでは人気の「プッシュ通知」を使うことができません。

しかし、Appleは2023年を目途にiOSでも「プッシュ通知」に対応するという発表をしました。

PWAの機能はユーザー満足度を向上させる可能性が高いため、「プッシュ通知」を使うことができない現段階でもiOSへの導入を検討することはお勧めします。

シグニティでは月間60億配信の実績をもつWEBプッシュ通知サービス「PUSH ONE」を提供しています。WEBプッシュ導入に向けて、PWAの無償サポートも実施しています。PWAのご準備がお済みでない方は、こちらからお問い合わせください。